和室向けのソファで居住性アップ?ローソファーの特徴を理解しよう!


ローソファーが和室での使用に向いている理由

ローソファーは一般的なソファーと比べて背丈が低く、形状は座いすに似ているのが特徴です。ソファーに座った状態であぐらをかいたり、こたつと組み合わせて使うことが出来ます。また、背丈が低い分、足を伸ばして座るのに適しているのでリラックスしたひと時を過ごすのに最適です。ローソファーは背丈が低い形状から座いすの代替品として使うことも出来ます。一般的なソファーと同様にクッションによる弾力性が富んでいることから座いすよりも疲れにくいのが利点です。加齢によって足腰が弱っている高齢者でも長く座ることが出来るので使い勝手が良く、持ち運びも容易なことから長く置くことによる床材の傷みがありません。そのため、和室に置いても畳の劣化を心配せずに使えるのが魅力です。

長く使えるローソファー選びのコツ

ローソファーを購入する際は座り心地が良く、長く使える物を選ぶことが大切です。クッションの弾力性や姿勢の良し悪しは実際に座ることで確認出来ますが、長く使える一品を選ぶためにはローソファーの構造に注意する必要があります。ローソファーをはじめとする家具類は生活上、様々な汚れが付着します。汚れた際に綺麗に除去出来る作りであることが衛生的に使うための条件です。特にソファーはクッションに汚れが沁み込んで不潔になるリスクが大きいことから、クッション部分の洗濯や交換が出来る物を選ぶことを心がけます。ローソファーは背丈が低い形状なので床に底面を直置きする形になり、汚れが付きやすい傾向があります。そのため、クッション部分の着脱が出来る製品を選ぶのが心地良い状態で長く使うための条件です。

ローソファーなら座面が低くソファから落ちて怪我をするリスクが少なくなるので、小さなお子様がいる家庭に人気があります。