最初で最後のイベントだから!指輪は見た目を優先して選んでみよう


指輪のテイストや素材で選ぶのもいいですがデザインを

男性が結婚を決めた相手に贈る婚約指輪ですが、本人に気に入ったものを贈る為にプロポーズを先に済ませてから、日を改めてショップを訪問して買うというカップルが多いですよね。婚約指輪を買う時に、どのような点を一番重視するかは、その人の価値観や好みによって変わってきます。見た目がきれいなプラチナや、金属アレルギーでも身につけやすいチタンなど、指輪の素材となる金属にこだわって決める人もいれば、エレガンスやゴージャスなど、全体的な雰囲気を重視したい人も多いでしょう。

でも、やはり婚約指輪選びで王道なのは、デザインを優先した選び方です。実際に既婚者を対象にした婚約指輪に関する調査でも、半数近い人がデザインを一番重視して購入したと回答しています。有名ブランドだからと言って、必ずしも好みのデザインの指輪に巡り合えるわけではないので、当然かもしれませんね。

デザインのパターンを理解するのもおすすめ

なるべく婚約指輪選びにかかる時間を節約したいなら、主なデザインのパターンを理解しておいた方がいいですよ。まず、王道中の王道とも言える、指輪の真ん中に配置された一粒のダイヤモンドに、視線が集中するように作られているタイプをソリティアと呼びます。ソリティアとよく似ているデザインでも、中央のダイヤモンドの周りに小さなダイヤが配置されているタイプがメレです。メレダイヤをたくさん使っているタイプは、石畳のような見た目から、パヴェと呼ばれるようになりました。これらのデザインが人気なので、どれがいいのかよく考えて下さいね。

かつては結納の際に、男性側から女性側に現金を渡す風習がありましたが、現在は婚約指輪を贈ることが主流になっています。